生パスタと乾燥パスタを比べよう!イタリアンなど本格的な味を楽しむ

違いを楽しむ

パスタには、生パスタと乾燥パスタがあります。この2つの違いを理解することで、よりイタリアンを楽しめるようになります。

生パスタと乾燥パスタ

生パスタの特徴

乾燥パスタに比べて風味や食感は、生パスタの方が優れています。また、湯で時間も生パスタの方が短くて済むでしょう。ソースとも良く絡むのが生パスタの特徴です。

乾燥パスタの特徴

生パスタに比べて保存が効くのは、乾燥パスタの方です。専用の小麦粉を使って作られています。また、乾燥パスタは伸びにくいので、大量の料理を使うのに向いているでしょう。

イタリアン料理を楽しみたい人はレストラン探しから

女の人

本格的な味

一般的に豊中や川越では、本格的な味が好まれています。イタリアンレストランであれば、生パスタなどを使っている店が多く利用されているのです。美味しい料理を食べたい人は、本場の味を提供してくれる店を選びましょう。

食事

利用しやすい

レストランと聞くと、堅苦しいイメージを持っている人も少なくないでしょう。しかし、店舗によっては、気軽に利用することができます。しっかりと比較しながらレストランを選ぶことによって、気兼ねなく食事がとれる店舗が見つかるのです。

乾杯

雰囲気の良さ

食事を楽しむ場合、雰囲気も重要になってきます。和食を味わいたいと思っている人は、老舗を選んでみましょう。とても落ち着いた雰囲気で、料理に集中することができます。歴史のある割烹では、しっかりと食事を味わえるのです。

[PR]
川越で和食を堪能しよう♪
本格的な味を楽しめる★

生パスタを使った料理

食事

魚介を使ったパスタ

魚介類をふんだんに使ったパスタとして知られているのがペスカトーレです。白ワインやトマトソースがベースとなります。魚介の旨味が詰まった御馳走的なパスタです。

挽肉を使ったパスタ

ミートソースはとても人気の高いパスタです。その中でも、生パスタを使ったボロネーゼは絶品でしょう。肉の旨味を生パスタがしっかりと吸収するため、とても深い味わいが楽しめます。

生クリームを使ったパスタ

カルボナーラは生クリームとチーズを使ったパスタです。濃厚な味わいがくせになると評判を集めています。本場では生クリームではなく、卵黄とパルメジャーノチーズ、パンチェッタと黒胡椒を使って作るのが一般的です。

唐辛子を使ったパスタ

辛い料理が好きな人は多いでしょう。そして、アラビアータが辛いパスタの代表格なのです。唐辛子を多めに使った、刺激たっぷりのトマトソースに魅了される人が後を絶たちません。