特徴が分かればイタリアンをもっと楽しめる

人気のあるイタリアン!地方で異なる味のイタリアンを食べ比べよう

色々な地方

イタリアは日本と同じように縦に長い国です。地方によって料理にも特徴が出てきます。どのような地方の料理があるのか、一覧表で見ていきましょう。

地方ごとの料理の特徴

  • 野鳥獣肉を多用する農家風のトスカーナ料理
  • 新鮮な魚介類と米を使うヴェネツィア料理
  • ピッツァや魚介類とトマトソースを使ったナポリ料理
  • 動物の内臓を使った農民的なローマ料理
  • 牛肉や鶏肉、豚肉など肉をメインに使ったボローニャ料理
  • ハーブと魚介類を使った漁師風のシチリア料理
  • トリュフやブルーチーズを使ったソースが豊富なピエモンテ料理
  • 仔牛や農作物を多く使うミラノ料理
  • オリーブオイルやトマト、新鮮な食材の味を生かすプーリア料理

特徴が分かればイタリアンをもっと楽しめる

イタリアン

料理の種類が豊富

豊中でイタリアンと言えば、生パスタやピッツァなどが有名でしょう。しかし、イタリアンには他にも様々な料理が存在しているのです。その数は圧倒的で、地方によっても特徴が違ってきます。このように、様々な地方の料理を食べ比べることができるのが、イタリアンの特徴なのです。

イタリアン

素材の味を引き出す

一般的なイタリアンの特徴として挙げられるのが、素材の味を引き出していることです。オリーブオイルやにんにく、旬の野菜などを活用し、食材の味をしっかりと引き出します。余計な手間を加えることが少ないのです。その為、食材そのものをきちんと味わうことができます。

南北で料理を比較

北イタリアの料理

北イタリアは南イタリアに比べて、農作物や肉類、生クリームなどを多く利用する傾向にあります。ヨーロッパ諸国の影響を強く受けていると考えられているのです。

南イタリアの料理

南イタリアは、トマトや魚介類をふんだんに使った料理が多いのが特徴でしょう。北イタリアに比べて、アラブ諸国や北アフリカの影響を受けた料理が豊富です。